読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊星の「ルナ・クラ」で遊ぶゲーム

どうも、遊星です。テーマにある「ルナ・クラ」とはファイアーエムブレムシリーズの難易度のことを示していまして、要するに絶望的にゲームが下手だが、どうにかしてゲームが上手くなりたい、そしてゲームを楽しみたい、そんな思いをこのブログで吐き出したいと思います。

【シャドウバース】2Pick攻略その①-2Pickとは?初心者向け指南!

皆さんこんにちは、遊星です。

今回から、シャドウバースの2Pickに
ついての初心者向け攻略記事を載せて
いこうと思います!

そもそも初心者の方は2Pickが何なの
かもわからないと思いますので
基礎の基礎から優しく紹介していきます。

2Pickとは

2Pickとはシャドウバースの対戦形式
の一つでホーム画面下の真ん中にある
「アリーナ」にて選択することができます。

一般的なカードゲーム全体で行われる
対戦形式はそれぞれのプレイヤーが
好きなカードを自由にチョイスして
デッキを構築するので
「構築戦」と呼ばれていますが、
2Pickは構築戦とは真逆の性質を持っています。

2Pickでは自分の好きなリーダーではなく
リーダー選択が制限されていて
またどのようなカードをデッキに加えるかも
ランダム要素が高いので構築戦とは異なった
面白さがあります。
2Pickの全体の流れを見ていきましょう。

2Pickの全体の流れ

①リーダー選択
2Pickチケットか150ルピを賭け金として
支払って2Pickがスタートします。

2Pickを始めると、まず全リーダーのうち
3つのリーダーがランダムに選択肢として出てきます。

その中から1つのリーダーを選択して第一段階は終了です。

f:id:flyingbirds:20170318165353p:plain

この画像ですと、ネクロマンサー、ドラゴン、
ヴァンパイアの三つが選択できます。
今回はネクロマンサーを選択してみましょう。

②カード選択
リーダー選択が終了すると、次はそのリーダーが使える
カードと全リーダーで使えるニュートラルのカードが
ランダムに「2枚×2枚」の形で掲示されるので
その中から好きな方をピック(選択)して
合計30枚のデッキを構築します。

f:id:flyingbirds:20170318165402p:plain

この画像では
左にケルベロスー骸の王、右にワイトキングー蝿の王
が掲示されています。

好きな方をピックして
これを繰り返して30枚のデッキを即席で構築していきます。

③対戦する
デッキの構築が終了すると、対戦することが可能になります。

即席で構築した30枚のデッキを使用し5連戦に挑戦して
何勝することが出来たかでもらえる商品が
違ってきます。

なお、ランクマッチと違いどのランクの相手とも
マッチングするので気をつけましょう。

Beginnerランクの人が最上級のMasterランクの人と
マッチングすることも普通にあります。

④景品を受け取る
5連戦が終了すると勝利数に応じた景品がもらえます。

景品にはパックチケットとルピの2種類が基本的に
存在します。

パックチケットはたとえ0勝に終わったとしても
確実に獲得できるので、一度も勝てなかった
としても150ルピで1パック購入したと思えば
少しは気が楽です(んなわけあるか)。

次にルピですが、
2勝すれば50ルピ程度
4勝で100ルピ以上
5勝で200ルピ以上、といった感じです。

以上が2Pick全体の流れになります。

構築してその時に一気に5連戦ができなくてもデッキと
戦績は保存されるので、何回かに分けてプレイする
ことが可能です。

気軽に挑戦することが出来ます。

初心者が2Pickに挑戦する意味

マッチングの部分で紹介したように2Pickではランクに
関係なくランダムにマッチングが成立します。

従って、ランクが上、つまり自分より数段レベルが
高い相手とマッチングすることが普通にあります。

なのでなかなか勝てないことが続くこともあり
初心者の方は敬遠しがちです。

しかし、初心者が2Pickに挑戦すると良いことだらけなのです。

その理由を説明していきます。

①全リーダーのカードに触れることができる
初心者でガンガン課金するような方ではない場合
ある程度の実力のデッキを構築するために
特定の好きなリーダーに絞ってカードを集めていくこと
がどうしても必要になります。

そうなると、他のリーダーのカードに触れる機会が
課金者や上級者に比べて少なくなるのでランクマッチ
などにおいてどのようなカードが存在するのか
またカードのスタッツ、効果などを把握することが難しいです。

しかし、2Pickに挑戦することによって他リーダーの
カードに自ら触れることができるので、動画やネットで
学ぶよりも断然理解することが出来ます。

こういった経験が、ランクマッチに生きてきて
PS(プレイヤースキル)を磨くことに繋がるのです。

②2Pickのバトルでミッションが消化できる
初心者でまだカードが集まっていない場合
何より欲しいのがパックチケットとルピですよね。

もちろん、課金すれば無問題なのですが、簡単にできることではありません。

そして、ルピを効率的に集める方法としては、ログインボーナスの他にミッションの消化が挙げられます。

ミッションとは各プレイヤーに課せられるチャレンジのようなもので、それをクリアするとその分の報酬としてルピがもらえるのです。

約一日に一回更新されるのでめんどくさがらずにこなしていけば、無課金でも十分にカードを集めることが出来ます。

例えば今日の私に与えられたミッションは
①ドラゴンで1勝する=20ルピ
②ウィッチかヴァンプで4勝する=50ルピ
③エルフで1勝する=20ルピ
このようになっています。全てこなせば90ルピ獲得できますね。

ミッションの勝利は2Pickでも良いので例えば②を消化するために2Pickでウィッチを選択すれば、ウィッチのカードを知ることにも繋がりますし、50ルピを獲得することもできるのです。

加えて、例えば5戦中4戦することができれば2Pickの商品としてパックチケットに加えて賭け金の150ルピ程度はゲットできるので無料でパックチケットが獲得できます。

こう考えるとミッションを2Pickで消化しない手はありません。

③シャドウバースの基本的な立ち回りを習得できる
3つ目の理由として、シャドウバースの基本的な立ち回りを習得できることが挙げられます。

このゲームは基本的には相手のフォロワーを倒して盤面を有利に進めていくことが重要になります。

この基本的なことを最初の段階で習得しておくことが非常に重要なのですが、ランクマッチなどの構築戦では初心者の方でも一気に盤面を制圧できるパワーカードを中途半端に所有していることが多いので、適当にプレイしていても勝てることが多くあります。

しかしそれはあくまでカードパワーで勝利したに過ぎずランクが上になればなるほど所持しているカードに差がなくなり、各々のPSに勝敗が委ねられることになるのです。

その時に基礎の基礎が固まっていないと、全く勝てなくなりデッキを変えてみたり、リーダーを変えてみたりと、迷走に迷走を重ねてしまいます。

私もそうでした。

しかし、基本がなっていないと、どのリーダーを使っていても負けます。

そういったことをあらかじめ防ぐために相手のフォロワーをしっかりと除去していく2Pickの立ち回りに触れることが重要になるのです。

2Pickと構築戦の立ち回りの違いの詳細については別記事を投稿予定です。

今回は以上になります!

2Pickの流れや、初心者の方が2Pickに挑戦する意味などを扱っていきました。

何か質問やご意見などあればコメント欄に気軽に投稿してください。